うまれたしごと

Suu(すう)

Suu(すう)

淡路島産エッセンシャルオイル

温暖な気候のため、柑橘や花は淡路島の主要な栽培品目のひとつです。鳴門蜜柑は、淡路島原産の晩生柑橘。現在では、生産者の高齢化や市場の変化により生産量が減っています。化学肥料や農薬を使わず、混じりけのない素材を使って、水蒸気蒸留法で丁寧に抽出しました。
ハーブ系の香りも含めて全8種類のラインナップ。

主な原材料
鳴門蜜柑(なるとみかん)、ラベンダー、ローズマリー、レモンユーカリ、ティツリー、ローマンカモミール、ハッカ、ローズゼラニウム 全8種類
内容量
3ml・5ml 
小売価格
1,620円〜3,657円(税別)
販売店
パルシェ 香りの館・特産館

事業者情報

事業者
株式会社淡路島パルシェ 
住所
兵庫県淡路市尾崎3025-1
tel
0799-85-1162
fax
0799-85-1163
E-mail
parchez@parchez.or.jp

事業者サイト

Suu(すう)がうまれるまで

うまれた背景

Suu(すう)背景あり Suu(すう)1 年間を通じて温暖な気候のため、柑橘や花は淡路島の主要な栽培品目のひとつです。 鳴門蜜柑はダイダイの一種で、淡路島原産の晩生柑橘。現在では、島内の一部の地域でしか栽培されず、生産者の高齢化や市場の変化により生産量が減っています。 Suu(すう)2 Suu(すう)3

うまれた商品

Suu(すう)4 化学肥料や農薬を使わず、混じりけのない素材を使って、水蒸気蒸留法で丁寧に抽出しました。鳴門蜜柑は果実200kgからわずか30mlしか取れない希少なオイルで、すっきりしたさわやかな香りです。 ハーブ系の香りも含めて全8種類のラインナップ。

うまれたつながり

Suu(すう)5 耕作放棄地が多くなってしまった鳴門蜜柑について、エッセンシャルオイルという、時代に見合った新たな活用方法をつくりだしました。果実としても出荷以外にも販路を増やすことによって、農地を再生し、仕事をうみだします。

POINT

Suu(すう)ポイント 市場の変化と生産者の高齢化によって鳴門蜜柑の生産量が低下し、耕作放棄地が増加。
時代に合った新たな活用方法を見出すことで農地の復活へとつながります。

シゴトビト紹介

株式会社淡路島パルシェ 魚井太郎さん

株式会社淡路島パルシェ 魚井太郎さん

はにかんだ笑顔が印象的な魚井さん。ハーブの栽培から収穫・販売、エッセンシャルオイルの抽出、ワッフルの販売とさまざまな仕事を日々こなす働きマン。
海の見える丘で栽培された混じりけのない素材を使ってひとつひとつ丁寧にオイルをつくっています。

お問い合わせ

事業者
株式会社淡路島パルシェ 
住所
兵庫県淡路市尾崎3025-1
tel
0799-85-1162
fax
0799-85-1163
E-mail
parchez@parchez.or.jp
URL
http://www.parchez.or.jp