うまれたしごと

縁起

縁起

淡路島の古代米でつくった祝い酒

古来より五穀の収穫を祝うお祭りに新嘗祭(にいなめさい)があります。古くは、白米からつくられた白酒(しろき)と、赤米や黒米などでつくられた黒酒(くろき)が納められていましたが、今では黒酒を納めているところはほとんどありません。淡路島産のキヌヒカリと紫黒米(古代米)をつかい、島内の酒蔵とともに、伊弉諾神宮奉献黒酒(いざなぎじんぐうほうけんくろき)として復活醸造しました。

主な原材料
米、米麹
内容量
300ml
小売価格
3,500円(税別)

事業者情報

事業者
千年一酒造株式会社
住所
兵庫県淡路市久留麻2485-1
tel
0799-74-2005
fax
0799-74-3122
E-mail
sake@sennenichi.co.jp

事業者サイト

縁起がうまれるまで

うまれた背景

縁起1 古来より五穀の収穫を祝うお祭りに新嘗祭があります。かつて新嘗祭では、白米からつくられた白酒、赤米や黒米などでつくられた黒酒が納められていましたが、今では黒酒を納められているところはほとんどありません。 伊弉諾神宮奉献黒酒として復活醸造しました。 縁起2 縁起3

うまれた商品

縁起4 淡路島のキヌヒカリと紫黒米(古代米)をつかい、島内の酒蔵に協力を依頼して醸造しました。このお酒が、結婚や、はじまりの時のお祝いとして、縁をつなげていきます。 はじまりの島、淡路島からしあわせをお届けします。

うまれたつながり

縁起5 お酒を栽培している生田村、新嘗祭にお酒を奉献している酒蔵、伊弉諾神宮が集まり、国生み神話の島から祝い酒がうまれました。 古来につくられていた紫黒米100%の黒酒を日本で初めて復活させ、奉献することになりました。

POINT

縁起 ポイント くにうみ神話で名高い淡路島で、神社、お米の生産者、酒蔵が集まり、かつて作られていた古代米酒を復活。神社での新嘗祭の奉献酒として、また一般向けの祝い酒として醸造しました。

シゴトビト紹介

千年一酒造株式会社 上野山善彦さん

千年一酒造株式会社 上野山善彦さん

北淡路の東浦町で地酒を造り続けて130余年の由緒ある酒蔵です。昔から地域に密着した酒造りをおこなっています。
伝統の技を守りながら、酒造りから瓶詰め、ラベル貼りまで1本1本、ひとの手によって丁寧につくられています。酒蔵内の作業風景の見学も可能。

お問い合わせ

事業者
千年一酒造株式会社
住所
兵庫県淡路市久留麻2485-1
tel
0799-74-2005
fax
0799-74-3122
E-mail
sake@sennenichi.co.jp
URL
http://www.sennenichi.co.jp