うまれたしごと

かおりのまちのかおり

かおりのまちのかおり

香りのまちの線香 

淡路島は日本一の線香の生産地。線香工場が立ち並ぶ「江井」というまちは、海沿いで風が強いため、線香の製造に適していたことなどから、この産業が発展してきました。潮風にのって線香の香りが漂う“まちのかおり”とそのストーリーを包んで伝える線香です。
使い方:お香、クローゼットの香剤、日常生活のインセンスとしてつかえます。

原材料
タブ粉、香木(白檀)
内容量
15本入り
販売形態
袋詰め
小売価格
600円(税別)
販売店
233(洲本市)、道の駅うずしお、うずの丘大鳴門橋記念館(南あわじ市)

事業者情報

事業者
ツギキ(森のいえ)
住所
洲本市五色町鮎原西368
tel
0799-32-0909
fax
0799-32-0909
E-mail
info@tsu-gi-ki.jp

事業者サイト

かおりのまちのかおりがうまれるまで

うまれた背景

かおりのまちのかおり 1 淡路島は、はじめて香木が漂着した地。線香工場が立ち並ぶ「江井」というまちは、冬の季節風が線香の乾燥に適していたことから、線香づくりが栄えました。
潮風にのってお香の香りが漂う“まちのかおり”をお届けしようと、オリジナルのお線香をうまれました。

うまれた商品

かおりのまちのかおり 2 淡路島での線香の生産量は、全国シェアの7割を占めています。島内の14社の線香会社で構成された兵庫県線香協同組合に協力頂き、「江井」の“まちのかおり”に近いオリジナルの天然の線香をつくりました。お香、日常生活のインセンスとしてお使い頂けます。

うまれたつながり

かおりのまちのかおり 3 開発当初から兵庫県線香協同組合に協力頂き、線香市場の現状についてヒアリングしながらうまれた線香。できるだけ天然の白檀、香料にこだわってつくりました。
この香りを香ると実際に「江井」のまちに行ってみたくなる素敵な線香です。

シゴトビト紹介

ツギキ 森知宏さん

ツギキ 森知宏さん

淡路島在住の若手デザイナー。平成24年から始まった推進事業の人材育成メ ニューの参加者。事務所を、果樹農園を営むおじいさんの家のはなれに構え、繁忙期にはお手伝いもしています。
デザイン業の他、「自分で作って販売する」という活動も行っています。

お問い合わせ

事業者
ツギキ(森のいえ)
住所
洲本市五色町鮎原西368
tel
0799-32-0909
fax
0799-32-0909
E-mail
info@tsu-gi-ki.jp
URL
http://tsu-gi-ki.jp/